Blog

理系じゃないけどSublime text3を使う

Matlabは便利なIDE上で動くし、RはRstudio、LaTeXもTexpadを使うというなんちゃってっぷりを発揮していた私ですが、そろそろカッコイイエディタを使いたい!と思っていたところ、Sublime text3をおすすめされました。

この前導入したPython3をSublime text3で開発するために、設定してみたのでメモします。

とりあえずPythonを便利に扱うために以下の作業を行いました。

  • Tabをスペースに置換、インデント数をスペース4つにする
  • Package Controlの導入
  • SublimeREPLの導入
  • Python3でBuildできるようにする
Tabをスペースに置換、インデント数をスペース4つにする

タブを半角スペースに置き換え、更にインデント数を半角スペース4つにしたいので、Pythonプログラムを開いた状態で「Sublime Text」→「Preferences」→「Settings More」→「Syntax Specific – User」を選択、Python.sublime-settingsファイルが開くので以下の内容を記述し、保存します。

Package Controlの導入

Package Controlは、Sublime Textにパッケージを入れるためのパッケージ管理ツールです。まず、以下のページにアクセスします。

https://packagecontrol.io/installation

 

SUBLIME TEXT3を選び、コードをコピーします。Sublime text3を開き、Show consoleでコンソールを表示し、ペースト、Enter。Cmd + Shift + p でPackage Controlが立ち上がります。

SublimeREPLの導入

SublimeREPLは、様々な言語に対してインタープリターを実行できるパッケージです。タブをターミナルとして使うことができます。Package Controlを立ち上げ、Install Package→SublimeREPLで簡単にインストールできます。

インストールは簡単ですが、SublimeREPLでPython3を有効にするのに少し設定が必要です。

以下のサイトを参考にさせて頂いたのですが、僕の場合はpyenvを使ってインストールしたのでPathの設定が少し異なりました。

Sublime text2のpython3開発環境整備

まず、リンク先の説明にあるように、Preferences -> Browse Packagesで、FinderにSublime textのパッケージを表示します。そして、SublimeREPLフォルダの中にあるconfig/Python/Main.sublime-menuをコピーします。次にUserフォルダ内にSublimeREPL/config/Python/というようにフォルダを作り、Pythonフォルダ内にMain.sublime-menuをペーストし、その中身を以下のように編集します。

「ユーザー名」のところはホームフォルダの名前に変更して下さい。

Tools->sublimeREPL->Python->Python3を選択すると、このようにpyenvで設定したPython 3.4.1 |Anaconda 2.1.0 (x86_64)でターミナルが立ち上がります。便利!

スクリーンショット 2015-02-28 23.10.33

 

Python3でBuildできるようにする

Tools->Build System->New Build System… を選択し、以下のコードを入力します。「ユーザー名」のところはホームフォルダの名前に変更して下さい。

名前を「Python3.sublime-build」とつけて、パッケージのUserフォルダの中に保存します。

これで、Sublime text3で例えば以下のようにpyファイルを作成してBuild(cmd+B)してみると、バージョンがpyenvで設定したPython 3.4.1でBuildができるようになりました。

スクリーンショット 2015-02-28 17.16.25

プログラミングはほぼほぼ独学で素人なもので、色々突っ込みどころがあるかもしれません。


This Post Has 0 Comments

Leave A Reply