Blog

pyenv環境のPython2.7にPyQt5を導入しました(Mac)

Pythonでラウドネスメーターのようなものを作ってみたくなり、リアルタイムのプロットに挑戦してみたのですがMatplotlibだと遅い。

調べてみると、PyQtGraphというライブラリを使えばかなり反応の早いプロットができるということなので、PyQtGraphとPyQtGraphが依存しているPyQt5を導入してみました。

環境はMac OS 10.10.5、pyenvで導入したPython2.7.10です。

ググると導入に関する先人達のメモ書きがたくさん見つかったのですが、私はpyenvを使っていたからかなかなかハマってしまい色々と大変だったので、改めてメモします。

PyenvでPython導入

Sipの導入

PyQt5はSipに依存しているので、Homebrewで導入。

PyQt5の導入

多くのブログでは、ここまでいくと無事pythonでインポートできるとのことでしたが、私の場合どちらもnot foundでした。

~/.pyenv/versions/2.7.10/lib/python2.7/site-packages/をチェックすると、sipもPyQt5も見当たらなかったので、それが原因だと思われます(–with-pythonしたら大丈夫だと思ったのですが)。

homebrewでは/usr/local/Cellar/以下にインストールされるので調べてみたら、sipもPyQt5も見つかりました。~/.pyenv/versions/2.7.10/lib/python2.7/site-packages/に以下のようにシンボリックリンクすることで無事インポートできるようになりました。

 

まだほとんど作れていないので、PyQt5についてはまた次回投稿します。


This Post Has 0 Comments

Leave A Reply