Blog

モニター環境の音響調整にDSPプロセッサ miniDSP 2×4が便利そう

香港miniDSP社のポケットサイズDSPプロセッサ、miniDSP 2×4が気になっています。

http://jtesori.com/miniDSP/minidsp-2×4/

http://www.minidsp.com/products/minidsp-in-a-box/minidsp-2×4

minidsp-2x4-b-thumb

http://jtesori.com/製品紹介画像より転載

アナログ2ch入力4ch出力、ソフトウェアでEQやルーティングを設定したら後はスタンドアロンで動くらしいので、モニター環境の音響調整に凄く便利だと思います。

なんと言っても、お値段16,200円(2015年7月12日)。安い!

私は室内音響を専門に勉強しているので、時々音楽制作をする友人からモニター環境について相談されたりします。

プロのスタジオには大体ミキシングエンジン等が導入されていて、施工の最後に室内の特性を見ながら丁寧にEQやディレイ等の音響調整をしていきます。しかし個人の自宅スタジオなんかだと、そもそもEQ機能の無いオーディオインターフェースからスピーカーに直で、という環境も少なくないと思います。そんなこんなで音響的な問題点は分かっていても、予算の都合でできることと言えばスピーカー配置を変えるとか吸音処置を検討するとか・・・。

そこでこのminiDSP 2×4を使えば、かなり手軽に室内音響調整にチャレンジできるのではないでしょうか。

とりあえずは、自分で試してみたいと思います!


This Post Has 0 Comments

Leave A Reply