Blog

九份で録音(9月20日)

本日は朝ゆっくり過ごして(昨晩のブログを更新したり・・・)、10時ぐらいに花蓮の宿をチェックアウト。11:50分の列車で台北に戻ります。よっしゃー、ついに台湾一周だぜ!!

後ろに前に荷物を抱え、テクテクと駅まで向かう。花蓮は曇り空です。

奮起湖弁当を購入

奮起湖弁当を購入

骨付きチキン

骨付きチキン

美味しい奮起湖弁当!阿里山鉄道が復活したら、是非奮起湖にホタルを見に行きたいです。

 

しかし静かだった車両に突然の中国人観光客団体。途端に嵐のようになります。どの観光スポットにも出現しましたが、毎回まるでコントを見ているようです。

今回は、10人ぐらいで車両に進入し、先に入った人が自分の席を行き過ぎて戻りたいんだけど、後ろの人が来てるから戻れなくて大騒ぎするコントでした。多分明日もどこかで見ることができるでしょう。

列車に乗ること3時間半・・・

列車に乗ること3時間半・・・

15:30、台北駅に到着!

懐かしい!広いよお!

懐かしい!広いよお!

16時に教育部の劉さんと駅の旅行サービスセンターで待ち合わせ。

今後の諸々の確認と、賞金の受け取りを兼ねてのミーティングということです。本来ならば教育部の建物まで行くはずなんですが、中秋節で休みなのでわざわざ僕の予定に合わせて駅に出て来て下さったのです。

6日に初めに会ってから、教育部の人は本当に親切に接してくれました。

ブヌン族部落に行った時の録音の件もすぐに対応してくれたし、台風がくれば心配のメールを送ってくれたり、今日も僕がこれから九份に行くと言うと一緒になって帰りの交通まで調べてくれました。

彼らの期待に応えられるブログになっているといいけど・・・。とにかく、なるはやで録音・録画したものは整理してアップします。

 

さて外は雨も降っていますが、今日はこれから、最後のお楽しみに取っておいた「九份」に行きます。

台湾の他のスポットは知らなくても、九份なら知っている方は多いかと思います。

[mappress mapid=”18″]

 

魅力は何よりレトロな街並みでしょうか。下のNAVERまとめなんかじっくり読んで来たので、ワクワクします。

写真を見ると絶対行きたくなる 台湾・九份のノスタルジックな観光情報まとめ

 

まずは台北駅からMRT板南線に乗って忠孝復興駅まで行き、そこから九份行きのバスに乗ります。

MRTは慣れたもの、便利です。ささっと忠孝復興駅に到着。客引きがいますが、スルーしてバス停に向かいます。

ちなみに、北京にいた頃の客引きは値段的にもありえないのが多かったけど、こっちの人は内容聞くとちょっと高いかな?ぐらいのものが多いので、あんまり邪険にできません。笑

バス停、日本人だらけ!

バス停、日本人多い

天気が悪い

天気が悪い

「九份老街」バス停で降りるとすぐ、海辺を見渡せる「観海亭」という展望台のような場所に行けます。

しかもバスに乗ってた時は雨降ってたのにバス停着いたらやんでいる。

曇りだけど綺麗

曇りだけど綺麗

夜景

夜景

「九份 観海亭から」バイノーラル動画(準備中)

 

九份老街入り口

九份老街入り口

九份老街

九份老街

観光客いっぱいだし、お店も観光客向けなのばっかりかなーと思いきや、いやいやかなり雰囲気あります。

道の狭さと提灯がお洒落

道の狭さと提灯がお洒落

九份の街並み

九份の街並み

九份の夜景再び

九份の夜景再び

レトロな街並み

レトロな街並み

こんだけ雰囲気あったら皆写真撮りまくるわな!!

ジャーン

ジャーン

一番皆が写真撮る場所。笑

一番皆が写真撮る場所。笑

動画も録りました。

「九份」バイノーラル動画(準備中)

 

1時間ぐらい見て回ったらかなり雨が降ってきました。録音、録画はこのへんにしておこう・・・。

さあ食べるかーと思ったけど、雨どんどん強くなるしもうなんか下のバス停まで降りて来ちゃったしで、帰ることに。

雨

帰り際、なかなかバス乗り場が分からなくて間違えて山を登っていくバスに「台北行く?」って聞いたんだけど、そしたら「行かないけどそのバスまで連れてったる!」って乗せてくれた運ちゃん。

一緒に迷ってた日本の観光客も感動してました。最後まで優しさを見せてくれる台湾人。

山の中のレトロな街並み。台湾の旅の締めくくりにとっても良いチョイスだったのではないかと思います。

 

本日は台北、剣潭青年活動中心に泊まります。綺麗です。でもどうやらまたダニにやられました。笑

明日はついに帰国です。お昼には桃園飛行場に向かいます。

明日は録音やら面白ネタ無いかもしれないけど、まとめブログを書こうと思います。


This Post Has 0 Comments

Leave A Reply