Blog

台湾一周!(9月21日)

16日間、約半月の台湾一周旅行も今日で終わりです。

僕の旅行企画を選んで下さった教育部青年発展署の方々、そして台湾で出会った全ての人達、ブログを見てくれている皆様に感謝します。Facebookの「いいね!」も僕を支え続けてくれました。笑

本当に楽しい時間を過ごしました。

 

今回の台湾一周マップ

[mappress mapid=”19″]

 

台湾は〜どこどこは〜、なんてひとまとめにしちゃうのはあんまり良くないと思うけど。

僕は台湾と同じく「國語」を話す北京に住んでいた事がありますが、渡航前は当時の事ばかりを思い出し、持ち物や食べ物、人を好きになれるんだろうかとか、少なからずそういうことを心配してました。しかしいざ台湾を歩くと、全くそんな心配いらないことが分かりました。事前に何度も聞いていたことではありますが、人々が非常に親切で優しい。なぜだろう?どこからきているのだろう。

「僕らがもともと持つ民族性だよ!」と会う人は誇りを持って言います。

なるほど確かに、助け方が大胆。「いいよ、乗れ!」とタダで別のバス停まで連れてってくれた運ちゃん。アンタが乗るのはあのバスよ!と言って一緒に走ってくれたおばちゃん。ご飯一緒に食べておごってくれた地元のおばちゃん。

「将心比心」

(他人の身になって考える。)

リョウ君は、僕らはこれをとても大切にしている、と教えてくれました。

日本はあるポイントでは本当に凄い。時間通りに電車は来るし、サービスだって半端じゃない、何よりどこ行ったって安心。しかしそれらを大切にするばかりに、なんだか色んなもんがこじれてるかもしれない。

何かあったら責任取るのは自分。親に何か言われるかもしれないから、子供に挨拶はしない。バスで勝手に乗せようものなら、後で何言われるか分からない。

そりゃしょうがないと思うし、色々あるんだと思う。僕には難しくて、結局どうすりゃいいのかも分からん。

 

でも台湾では、本当の意味での「将心比心」が失われていない。

まあでも、たかが16日間。哀れな見た目のバックパッカー。本当の台湾には、もっと色んな深みがあるでしょう。

ただ今回、僕に「将心比心」の素晴らしさを教えてくれたことは間違いないです。

 

台湾はエネルギッシュでもあります。大自然があり、美しい景観があり、活気のある夜市があり、風情ある老街があります。

僕が録音したものを聴いて、少しでも台湾エネルギーを感じでもらえればと思います。

 

台北で録音(9月6日)

淡水で録音(9月7日)

陽明山で録音(9月8日)

十分で録音(9月9日)

埔里で録音(9月10日)

日月潭で録音(9月11日)

阿里山で録音①(9月12日)

阿里山で録音②(9月13日)

高雄で録音(9月14日)

墾丁で録音(9月15日)

台東で録音(9月16日)

台東で録音②(9月17日)

太魯閣で録音(9月18日)

太魯閣で録音 ②(9月19日)

九份で録音(9月20日)

 

第六回青年トラベラー

The 6th Youth Trekker-Japan-Hidetaka Imamura


This Post Has 0 Comments

Leave A Reply